Contact Us

賃貸に関する情報
なぜゴールドコースト
親子留学
住友リアルエステート

ゴールドコースト 新型コロナ感染状況

ゴールドコーストは幸いにも新型コロナの感染者が少ない街の一つです。

2021年6月1日現在
6月1日現在豪州全体で450万人のワクチン接種がなされ、国民の接種率は17.5%。一見順調そうに見えますが、当初全国民が10月末までに接種完了すると発表した時点では3月末に400万人の接種が完了しているはずでした。現在当初の予定より370万人もの接種が遅れているようです。イスラエル63%、イギリス57.5%などの接種率に比べるとまだまだですが、世界の接種率の平均が10.6%で、日本は9%弱、17.5%の豪州は善戦している方かも。

5月3日より50才以上の接種が一部の病院で、17日より一般の診療所でも開始されています。5月上旬にNSW州のシドニー東部で2件の市中感染確認を受け、急遽その時期その地域への訪問歴のある者の入州の禁止を発表。下旬メルボルンで市中感染者が見られたので、5月28日クィーンズランド州はビクトリア州からの入州を禁止。29日よりメルボルンは1週間のロックダウン(4回目)となりましたが、感染者が60人に達しさらに1週間の延長です。



2021年5月1日現在
3月22日に70才以上のワクチン接種が始まり、接種の拠点は当初の約1000か所から現在では約4600か所に増加しています。4月29日現在全国で 217万9544人の接種がなされ、その内70才以上の1回目接種は 115万9553人が終了。Qld州ではこれまで25万7363人、この24時間では9,372人が接種。医療従事者に続く70歳以上の接種第2グループ約600万人は3月末までに約 400万人の第1回目の接種を終える予定でしたので、遅れていることは事実です。
ワクチン接種が開始されて約2か月で総人口の約 8.5%の接種を達成した豪州ですが、英国は人口比 25%接種、20%の米国には及びませんが、ドイツの8.3%、イタリア8.0%とほぼ同ペースのようです。日本は接種率約 2.1%と比較的スローペースです。豪州では先々週は33万回分、先週は35万6000回分のワクチンが供給されているので、1日当たり約 4万7000-5万人の接種が可能です。接種第3グループは50―69歳の一般人(55歳以下のアボリジニーを含む)約650万人は5月3日よりCovid-19のテストをしている呼吸器専門病院で、5月17日より一般の内科診療所で接種可能となります。

7月に開催される?東京オリンピックの後、2024年はパリ、2028年はロスアンゼルスと決まっておりますが、今年2月2032年の開催優先候補として開催に向けたIOCとの「独占交渉」の権利が与えられたのがブリスベンです。Qld州の提案は全種目の80%はブリスベン、ゴールドコースト、サンシャインコーストで開催され、ウィットサンディ諸島でヨットレース、ケアンズやタウンズビルのスポーツ施設を使うなど分散型の提案だそうです。4月豪州政府がQld州に対して開催費用の50%を負担すると発表したことにより実現にむけて大きく前進したようです。


2021年4月1日現在
ブリスベンの病院に端を発する2つの市中感染のクラスターが発生し、ブリスベン大都市圏において3月29日より3日間のロックダウンとなりました。自宅を離れる際には常にマスクを携帯、公共交通機関、スーパー、ショッピングセンター、職場などでマスク着用。Qld州では初めての義務化で、マスクをしていないと入場を拒否されたり、警察官のアドバイスに従わないなど悪質な場合、その場で$200の罰金となります。
濃厚接触者1800人が在宅待機、感染者の行動からその時間その場所にいた33000人がPCR検査を受けました。幸いにもブリスベンのロックダウンは4月1日に解除となりましたが、マスクの着用義務は15日まで延長されました。
ブリスベンで感染した人がゴールドコースト11か所に立ち寄っていたことも明らかになり、一時はゴールドコーストのロックダウンも検討されたようですが、2日から始まるイースター・ホリディを前にして、何とか回避できたようですが、レストランなどのビジネスは2㎡あたり1人という密度制限で、入場者数が限られています。

3月20日から21日の豪州東南部一帯における豪雨でシドニーでは川の氾濫、家が流されるなどの被害が発生し、1万8000人に避難命令が出されました。100年に一度の水害と報道されたシドニー北西部の地域は長く干ばつに苦しめられた地域で、一昨年から昨年の初めにかけて大規模森林火災が起きていた地域なので、非常に気の毒に思います。ゴールドコーストの水がめハインズダムも満水となり、ローガン地域で24時間で240ミリ、ローガンリバーが増水し、24時間に250件もの救急支援の電話があったそうです。ゴールドコーストでは47の道路が冠水し通行止めとなり、周辺地域の24校が休校となったそうです。



2021年3月1日現在
オーストラリアでは2月22日よりワクチン接種が始まりました。全国に46か所のワクチン接種の拠点(Hub)を設置。ファイザー社製は超低温の冷凍庫管理が必要なので主に病院となった。ゴールドコーストの拠点はGC大学病院。接種優先度を5つのグループに分けており、最初に接種されるのはコロナ最前線の医療従事者、隔離宿泊施設で働く人たち、州境の検問に従事する人、養護施設や老人ホームなどの介護者とスタッフで、約 70万人が対象。第2グループ約600万人は70歳以上の高齢者、55歳以上のアボリジニー、軍関係者、警察、精肉工場で働く者などで、政府によれば3月末までに第1と第2のグループで約400万人の第1回目の接種を終える予定です。第3のグループは50―69歳の一般人、55歳以下のアボリジニーで、約650万人、第4のグループは残りの成人で約 660万人。最後の第5グループ約 560万人は18歳以下の子供たちで、いまだ安全とされる接種ワクチンが未定。ファイザー社製のワクチンは契約では2000万回分は確保したらしいが、輸入供給に不安があるので、メルボルンのCSLというバイオの会社がアストラゼネカ社製のワクチンを3月末から毎週100万回分生産供給していく予定。第2のグループからアストラゼネカ社製のワクチンを使用することになりますが、豪州国民約 2150万人すべての接種を10月末までに終える予定だそうです。ファイザー社製と違ってアストロゼネカ社製は通常の冷蔵庫での保管が可能なので、全国の診療所や薬局に各1000回分のワクチンを配布し接種可能の拠点を増やしていく予定。

2月25日カンタスとジェットスターは10月31日より国際線の運航を開始すると発表しました。政府とは密に連絡を取り合いながら、国境オープンのスケジュールとも合わせていくとのこと。しばらくはカンタスは22-25主要都市に向けて、ジェットスターは13都市への便を予定。ワクチン接種のスケジュールと連動して予定の変更はありうる。



2021年2月2日現在
クイーンズランド州政府は、英国由来のCOVID-19変異種の感染者1名がブリスベン市内を移動していたことにより、1月8日(金)午後6時から11日(月)午後6時までの3日間、ブリスベン大都市圏において外出制限(ロックダウン)措置を発表。自宅以外のあらゆる場所でマスクを着用を義務とし、映画館、遊行・娯楽施設、ジム等は閉鎖され、カフェ、パブ、レストランは、持ち帰り及び配達サービスのみの営業となりました。外出制限(ロックダウン)措置となるので、週末をゴールドコーストで過ごそうと遊びに来ていたブリスベン在住の人たちは慌てて皆帰宅したようです。旅行、観光は必要不可欠な外出理由とはみなされず、警察に見つかれば罰金となるからです。警察は車のナンバープレートからブリスベンの住人かどうか瞬時に判別できるそうです。

22日午前1時よりマスク着用義務及び集会人数制限等は緩和され、ブリスベンのビジネスは以前の状態に復帰。NSW州シドニー大都市圏は2週間市中感染がないというので、QLD州が指定する感染多発地域(ホットスポット)から解除する旨発表。2月1日午前1時より豪州全域からQLD州への入州が可能となるはずでしたが、1月30日パースの隔離ホテル従業員からCOVID-19変異種の陽性者が出たのでパース市及び周辺地域は31日6pm より2月5日6pmまでの5日間のロックダウンが宣言されました。それに従いパース周辺地域をホットスポットと認定し、QLD州及び各州政府は州境を閉鎖し、パースからの訪問客は指定されたホテルで2週間の隔離が必要となります。州境が開いたり閉じたり、1人でも感染者が出れば、人の動きを止め、感染拡大を防ぐのが豪州の方針のようです。


2021年1月7日現在
QLD州は、11日よりNSW州に滞在している者がQLD州へ渡航する場合、QLD Border Declaration Pass (QLD入州許可証)の申請・入手が再度必要となります。州警察が州境における検問を設置しており、陸路で入州する場合、入州許可証を車に掲示。虚偽の申告は$4000 の罰金です。NSW州における新型コロナウイルスの市中感染拡大に伴い、19日シドニー大都市圏全域を感染多発地域(ホットスポット)に指定され、シドニーからQLD州へ入る場合には自己負担によるQLD州政府指定施設での14日間の隔離が必要となりました。
慌てたのはクリスマス休暇でシドニー大都市圏に滞在していたQLD州民で、22日(火)午前1時までにQLD州に戻った場合のみ、自宅における隔離を可能とする措置が出たので、以降の旅行をキャンセルし追加の飛行機代を支払ってでもQLD州に戻ってきたそうです。それでも隔離の自己負担額 $2500 /人より安く、しかもクリスマス、お正月を隔離されたホテルで過ごすよりはましということです。シドニー大都市圏の状況は芳しくなく、1月3日よりシドニーでは公共交通機関、ショッピングセンター、病院などでマスクが強制的着用義務となり、罰金は$200です。


2020年12月14日現在
12月12日より、ニュージーランド(NZ)からQLD州への入州制限を解除されます。現在のところ、NZから隔離無しの入国を認めているのはニューサウスオーストラリア州、西オーストラリア州及びノーザンテリトリーのみ。しかしNZは、日本及び豪州を含む全ての外国人の入国禁止を継続したままであり、NZに入国するには事前に入国規制免除を受け、査証を得た上で、14日間の管理隔離が必要です。ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は14日、隣国オーストラリアとの間で隔離が不要となる自由な相互往来について、来年1~3月に開始すると発表しました。両国では新型コロナウイルスの感染がほぼ封じ込められていることから、往来再開の条件が整ったと判断されており、往来再開の日程は新年に発表されるらしい。


2020年12月現在
熱波の季節となりGCは連日30度を超え、内陸部数か所で40度を超えており、各所で森林火災も発生しています。12月1日よりクィーンズランド州は一部の地域からの入州を規制するなど閉鎖していた州境を完全に再オープンし、他州から自由な往来が可能となりました。観光業界にとってこの上ない吉報で、シドニー-GC,メルボルン-GCの飛行機の便数が徐々に増えていくようです。ゴールドコースト空港には昨年週に420便の発着があったそうですがこの7ヶ月間 99%の便がキャンセルされており、クリスマスまでには昨年の 50%にまでの回復を目指しています。

2020年12月5日現在、クィーンズランド州での感染者/入院中は計11名。お亡くなりになった方はこれまでと変わらず6名。過去24時間の新規感染者がオーストラリア国全体で7人。入院中は28人。10月に感染の広がったビクトリア州は12月5日現在新規感染者数が37日連続でゼロを記録しました。豪州の基準では、28日間新規感染がない場合、市中感染が根絶されたとみなされているので、注意を払いながらですが、各地で規制の緩和が始まっています。


2020年11月現在
USAの大統領選挙は今年一番の話題となっていますが、ここQLD 州でも10月31日に州議会選挙が行われました。選挙では、州民の健康を考えて州境の閉鎖を実行した与党労働党の女性党首と厳格な境界封鎖措置によって経済活動が損なわれたと訴える野党自由党の女性党首の対決となりましたが、与党の労働党が過半数を確保し、州境の閉鎖に州民の同意を得たことになります。11月3日より州境の封鎖処置の一部緩和が発表されていますが、依然とシドニー都市部からとビクトリア州民が除外されています。新聞記事ではQLDの観光産業は封鎖によって毎日600万ドルの損を出しているとか、シドニー都市部からの観光客でQLD州は毎年30億ドル(約2250億円)もの観光収入が得られていたという記事も見られるので、早期封鎖解除を期待ししている人は少なくないようです。QLD の首相は州民の健康なくして経済の壮健はないというスピーチをしています。観光産業で成り立っている州でありながら他州民の排斥、入州拒否を訴え、それが民衆に受け入れられていることで、州民の覚悟が伺えられます。

11月5日現在、ゴールドコーストでの感染者は1名ですが、いまだお亡くなりになった方は0。クィーンズランド州でお亡くなりになった方は6名ですが、この6か月は0。ブリスベンの北部で5名の感染者、他2名の計8名すべて病院で治療中です。オーストラリア全体で907名の方がお亡くなりになりましたが、内819名がビクトリア州です。そのビクトリア州もこの5日間の新規感染者は0で、3週間以上2桁の感染者を出していません。


2020年10月現在
10月1日より日本ではビジネスや留学などの中長期滞在者を対象にした入国制限の緩和が始まったそうですね。豪州では10月16日からニューサウスウェルズ州とノーザンテリトリー州のみがニュージーランドからの渡豪を2週間の隔離なしで受け入れるそうです。しかしニュージーランドは自国民の安全を考えると隔離免除は時期尚早と考え、海外からの帰国時に2週間の隔離を要請しているので、片道だけの緩和となります。豪州にとってこれが国際間相互交通の第1歩となりますが、受け入れの条件は1日のコロナ陽性者が3日間平均で3人未満の地域に限るという厳しい条件が付きます。今のところ他の州がこの隔離免除処置を受け入れることができるかどうか不明です。

10月1日よりクィーンズランド州はニューサウスウェルズ州の北部地域の一部に隔離免除措置が適応されます。これによりバイロンベイや周辺のビーチリゾート地との行き来が可能になり約15万人の移動が予想されています。しかしニューサウスウェルズとの州境が開かれたわけでなく通行証を持っている人のみに限られます。今後1か月感染経路不明の集団感染が起こらなければ、ニューサウスウェルズとの州境が11月1日に開かれる予定です。

例年10月に開催されているスポーツカーレースGold Coast 600 がキャンセルされ、例年11月に高校を卒業した。学生がゴールドコーストに集まるスクーリーズ(Schoolies)関連の各種行事(コンサート等)も中止となりました。


2020年9月現在
9月3日政府は3月18日に宣言した他国からの入国禁止、海外渡航の禁止を3か月延長し12月17日までとしました。クィーンズランド州は新型コロナの感染者数が増えているビクトリア州に加えて8月8日よりニューサウスウェルズ州、キャンベラのある首都特別地域からの入州も禁止すると発表。9月末まで州境は閉鎖されます。

オーストラリアの統計局が発表した7月の失業率は全国で 7.5%。22年ぶりの高い数字。しかしこれはメルボルン及び近郊のロックダウン前の数字です。観光に大きく依存しているクィーンズランド州は州境の閉鎖が大きく影響し、失業率は他州より高く 8.8%。しかし財務省の最近の発表ではオーストラリア全体の失業率は4月の 14.6%をピークに現在9.9%だそうで、クィーンズランド州は11.4%です。単純に10人に一人が失業している状況で、すでに100万人をこえる失業者が出ているらしく、年末までさらに40万人の失業者が出ると予想されています。失業者には政府から2週間ごとに$1500 の給付援助金が支払われています。当初は6か月だけでしたが、さらに6ヶ月の延長が認められました。将来的に200万人の給付補助金を準備するために、$1200、$1000と減額の予定。
   9月2日現在の感染者数 回復  死亡  感染者合計 
ゴールドコースト    4   195   0    199
クィーンズランド州  30  1086   6     1128
オーストラリア    432       663   25923   (感染者 432人の内 406人がビクトリア州)
日本                   1307   69001
全世界               852,758  2560万人


2020年8月現在
7月10日にはクィーンズランド州境の通行規制が解かれ、ビクトリア州を除く他州からの訪問が可能となります。再び感染の広がっているビクトリア州に直近の14日に立ち寄っていないという申告が必要で、立ち寄った人は各人の実費で指定されたホテルに2週間の自己隔離を義務付けられます。違反者は最高$4000の罰金です。
7月1日現在クィーンズランド州では、新型コロナ陽性者2名、17日に1名、26日1名。以降の感染者報告は0。地元のショッピングセンターは活気が出てきてますが、観光客期待のサーファーズ中心地の人出は少ないです。


2020年7月現在
7月10日にはクィーンズランド州境の通行規制が解かれ、ビクトリア州を除く他州からの訪問が可能となります。再び感染の広がっているビクトリア州に直近の14日に立ち寄っていないという申告が必要で、立ち寄った人は各人の実費で指定されたホテルに2週間の自己隔離を義務付けられます。違反者は最高$4000の罰金です。
7月1日現在クィーンズランド州では、新型コロナ陽性者2名、17日に1名、26日1名。以降の感染者報告は0。地元のショッピングセンターは活気が出てきてますが、観光客期待のサーファーズ中心地の人出は少ないです。


2020年6月現在
オーストラリア全体で感染拡大は落ち着き、今後どのように経済活動が再開されるのかに焦点が移っています。
   31日現在の感染者数 回復  死亡  感染者合計 
ゴールドコースト    1   192   0   193
クィーンズランド州  5  1046   7    1058
オーストラリア    478  6614   103    7195  
日本                       891     16851
全世界               365,000  589万人

オーストラリア国内のコロナウィルス感染者数が500人を下回っています。これは海外からの帰国者に対して14日間の自宅隔離となった3月17日以来です。各州ごとに感染状況が違うので規制緩和にも違いがありますがQLD州の段階的規制緩和ロードマップ(5月8日発表、ブリスベン総領事館訳)に州民の努力により、感染対策が奏効していると判断し、ステージ1の2週間前倒しが発表され、6月1日からステージ2(6週間)となりました。州内全域において宿泊を含めた全ての旅行を無制限に行うことが可能なった他、レストラン,カフェ及びパブも最大で20人までの集会や食事が可能となりました。次は州境の閉鎖がいつ解かれるのかが待たれます。


2020年5月現在
4月30日現在のゴールドコースト/クィーンズランド州の状況
Qld州の新たな感染者は 一昨日は1名、昨日は0名でした。これまでの合計検査数は 108,137
  30日現在の感染者数 回復  死亡  感染者合計 
ゴールドコースト   15   177    0    192
クィーンズランド州  94   943    6    1033
オーストラリア          5714   91   6753  
全世界                 227000  310万人

3月28日に100人以上の集会が禁止、3月30日には家族2人以上の行動が禁止、4月3日には州境の越境が禁止。あれから1ヶ月が経過し、規制も徐々に緩和され、ビーチ、カフェ、レストラン、各ショップがオープンされています。規制を守らない人への罰金が科せられたことが効果。Qld州では警察官が違反している人に$1,334.50 の罰金を会社ですとその場で$6,672.50のキップ。友人とラウンジでビデオゲームをしていて罰金、海岸でバーベキューで罰金、ホテルの部屋で5人が飲んでいて各人が罰金、14日の自己隔離を抜け出しているのがわかって罰金です。各州によって若干金額に違いはありますが、法律でQld 州は最高で$13,345 もしくは禁固6か月が適用されます。


2020年4月現在
23日レストラン、カフェ、スポーツジム等人が集まる場所が閉鎖、不動産のオークションやオープンハウスも禁止。26日遊園地,博物館,美術館,図書館等が閉鎖。30日120年の歴史を持つ大手デパートMyerが1か月休業する。約 1万人の従業員が無給で自宅待機となる。それに追従するように多くの小売り店舗が休業となっています。26日の0時QLD とNSW の境界が封鎖。直近のQld 州の失業率は5.6%でしたが、すでに5万人が失業していて、6月には11%を超える可能性がある。保健相が定める1.5mの社会的距離を確保すればビジネスは継続できるが政府が今後外出自粛を強制することになれば、数万社の小企業が破綻し50万人が失業するともいわれている。現在結婚式で5人、葬式でも10人以上の集まりが禁止。29日家族以外との集会は2人(自分ともう1人)に制限
3月20日より非居住者の入国を禁止。国内の感染者の8割が海外からの帰国者もしくは彼らと接触した人らしい。居住者でも2週間の自己隔離が義務化。24日豪州人の海外渡航が禁止され、29日豪州国外から豪州国内の空港に到着する者全員に,到着空港がある都市のホテル等で14日の隔離を義務づける旨,発表されました。カンタス航空とジェットスター航空は3月下旬から5月末まで国際線を運休。約3万人の従業員のうち約2万人が有給あるいは無給休暇をとらされる。3月29日から開始を予定していたヴァージン・オーストラリア航空羽田ーブリスベン線も就航延期。同社は3月30日から6月14日まで間,全ての国際線を運休。JAL成田(3月29日以降は羽田発着)-シドニー便については4月30日まで運休。4月に通常運航予定となっている日本への直行便は全日本空輸(ANA)の 羽田・シドニー線(週7便)のみです。